1. TOP
  2. TECHNICAL ENGINEERING GROUP(設計事業グループ)
  3. 現地調査(空間設備3Dデジタル化ソリューション)業務

現地調査(空間設備3Dデジタル化ソリューション)業務のご案内

業務概要

長期運用された工場・設備は老朽化に伴い既存設備の改造更新や、設備の新規導入が必要となります。改造更新・新規導入のどちらも既存設備(現在の状態)を正確に把握する必要がありますが、現在の状態を確認することは、物理的・時間的な理由により困難なケースが多々あります。また、現在の状態を取得出来ても使い易い形態に整えたり、最終目的まで生かしきれないケースがあると思われます。
弊社の空間設備3Dデジタル化ソリューションは、現場調査から、データコンテンツ作成と情報成果物作成までワンストップサービスでご提供させていただいております。

空間設備調査業務

弊社の空間設備調査業務は、これまでの調査員の経験とスキルによる調査(スケッチ)から、現地調査に最適な新技術である3Dレーザースキャナー(非接触型3次元測定器)と、長く進化を続ける信頼性・汎用性の高いデジタルカメラ(高精度ウェアラブルカメラ・ドローン空撮)による調査(デジタルデータ収集)を組み合わせたデジタル新時代における最適な現地調査サービスとなります。

3Dレーザースキャン

3Dレーザースキャナー(非接触型3次元測定器)を使って空間設備のあらゆる形状を3Dデータ(点群)として取得いたします。
取得したデータは、3DCAD化・2D図面化・解析・シミュレーション等の様々な用途でご活用いただけます。
3Dデータ自体を誰でも簡単に扱えるようフリービューワー化も行っておりますので、3Dデータに馴染みのないお客様にも大変ご好評をいただいております。

映像撮影/空撮

高精度ウェアラブルカメラ・ドローン等を使って空間設備の映像データ(写真)を取得いたします。取得したデータは、ストリートビューライクな映像コンテンツの作成や3Dデータ化や設計計画等でご活用いただけます。
離れた現地の再確認に映像データ(写真)は最適ですが、現地全てを映像データ化することは現実的ではありません。弊社ではインターネットユーザーに馴染みのあるストリートビューライクな映像データ化での活用を勧めさせていただいております。

3Dレーザースキャンについて

弊社の3Dレーザースキャンは、レーザーによる非接触での計測(非接触型3次元測定器を使用)となりますので、建物や設備のあらゆる形状を稼働中の設備を止めることなく短時間で大量に計測することが可能です。

弊社の所有する3Dレーザースキャナー(3次元測定器)

持ち運び可能な高精度レーザースキャナー3台とハンディスキャナー2台の計5台のレーザースキャナーを所有しております。スキャナーの複数台同時使用による大規模測定や時間制限のある現地での測定にも幅広く対応することが可能です。

デジタルコンテンツ 作成業務

弊社のデジタルコンテンツ作成業務は、空間設備調査業務で取得した各種データ(3Dデータ・映像データ)をお客様の目的に合わせて誰でも使い易い状態にデータコンテンツ化を行うサービスとなります。3Dデータは、主に3Dフリービューワー化を行って、ハード(PC)とソフトの問題から扱い自体が難しい3Dデータを誰でも扱えるようにデータコンテンツ化をいたします。
映像データは、ストリートビューライクな自由度の高いバーチャルツアー化を行って、自分の確認したい映像をウォークスルー操作で自由に選択して、自由に視点を変えた映像確認が出来るデータコンテンツ化をいたします。

3Dデータ/3Dフリービューワー

現実の空間や設備をレーザースキャンすることによって、デジタル空間上(PC)でスキャンした対象を完全に再現することが出来ます。この3Dデータ(点群)は座標を持った大量の点の集まりで構成されていますので、サイズ(寸法)や座標を計測することで現地に行かずに現地調査を行うことも出来ますが、それらを行うには専用のソフトウェアやハイスペックなパソコンの導入が必要となります。
弊社では、3Dデータを誰でも閲覧・活用していただけるように3Dフリービューワー化を行わせていただいております。弊社の3Dフリービューワーは、インターネットブラウザで起動するタイプと、3Dデータと閲覧用の専用ソフトがパッケージ化されたタイプの2種類をご提供させていただけます。

インドアビュー(ストリートビュー)

高精度ウェアラブルカメラ・ドローン等を使って取得した映像データ(写真)を使って、ストリートビューライクなバーチャルツアー系のデジタルコンテンツを作成させていただいております。
閲覧に専用ソフトウェア等は不要でインターネットブラウザ上(PC/タブレット)から起動することが出来ます。
ウォークスルー操作でバーチャルツアー内の大量の映像を歩いている感覚で隅々まで見渡すことが出来ますので、現地確認の為の外出や出張を抑えることも出来ますし、離れた相手とも現地イメージを共有できるようになります。また、マップ(図面)とマップ内可視アイコン・方位アイコンによって、初めて見る現地でも何を見ているのか把握しやすくなっています。
自分の確認したい(見たい)現地がストリートビューで見れたら、という思いから生まれたサービスとなります。

情報成果物作成業務

弊社の情報成果物作成業務は、空間設備調査業務で取得した各種データ(3Dデータ・映像データ)とデジタルコンテンツ作成業務で作成したデジタルコンテンツを活用して、お客様のお客様の目的に合わせた様々な情報成果物を作成するサービスとなります。
情報成果物は、主にプラントエンジニアリング会社のスキルと経験を生かしたものをご提供させていただきます。
3DCADで作成する3DCADモデルデータ、3Dデータや3DCADモデルから2D図面データ、3DCADモデルデータを使った構造解析、3Dデータを活用した干渉確認等のシミュレーション、これら以外にも様々な情報成果物をご提供することが可能です。

3DCADデータ(3DCADモデル)

3Dデータ(点群)を使って現実空間に存在する建物や設備を
3DCADデータ化(3DCADモデル化)するこが出来ます。
3DCAD化することで、2D図面化や解析等の様々な活用が可能になります。

2DCADデータ(2D図面)

3DCADデータ(3DCADモデル)を使って2D図面を作成することが出来ます。
従来の2DCADによる図面作成に比べて早く正確な図面となります。

構造解析/シミュレーション(応力・変位計算/干渉確認等)

3Dデータ(点群)と3DCADデータ(3DCADモデル)を使って 構造解析や干渉確認シミュレーション等を行うことができます。

適用範囲例

  • 製鉄工場
  • プラント工場
  • 食品施設
  • 工事現場関連
  • 文化財関連
  • 土木関連

他にも多種多様な空間・設備のデジタル化にご活用いただけます。

お問合せ

業務に関わるご相談やご質問等、以下の代表電話番号におかけください。
受付担当がご要件を伺い、担当よりご連絡させていただきます。お問合せの際には、電話番号をお間違いにならないようご注意ください。

  • TEL 0439-54-6500
  • 受付時間 8:30~17:30(土日・祝日 除く)

メールフォームをご利用の場合は、以下のボタンをクリックしてください。

pagetop