1. TOP
  2. INFOMATION(お知らせ/新着情報)
  3. 角膜移植

INFOMATION(お知らせ/新着情報)

角膜移植

角膜移植イメージ BLOG2022/02/22

設計事業グループのミヤザキです。


私は3年位前に視力が0.03になり眼圧も高く失明の恐れがあると言われ角膜移植の手術を受けました。



角膜の提供は国内ドナーの場合は1年位待たなければならず、海外ドナーの場合は空輸して最短で1週間くらいで移植手術が出来るようです。
角膜手術が出来る病院は千葉県では市川市にある東京歯科大学総合病院だけです。
東京歯科大学病院には専門の角膜センターがあります。

国内ドナーは提供者が何時発生するかわからないので急な手術になるが、海外ドナーの場合は患者の都合で予定が組めます。
ただし費用は保険適用外のため高額になります。

私は1年も待てなかったので海外ドナーで手術をしました。

 

私の眼の病名は水泡性角膜症で、角膜は3層になっていて一番内側の角膜を他の人の角膜と取り換える手術でした。
両眼とも白内障の手術は経験していたので手術の不安はありませんでしたが、手術時間は25分くらいで手術後は全く痛みがありませんでした。


手術後一番大変だったのは手術後3日間は歩くとき、食事をするとき、トイレに行く時、テレビを見る時さらに寝ている時もマクラは駄目で正面前方だけしか向いていなければならなかったことでした。取り替えた角膜がずれないようするためです。
そのために腰をいため、整骨院に3か月位通院しました。手術して1時間位で眼帯を外して視力を測ったら視力が0.3になっていたのには驚きました。
手術から3年経過して現在の視力が0.2位ですから、手術してすぐに視力が上がっていたことになります。

 

今は移植手術を受けて本当によかったと思い、角膜を提供してくださった人に心から感謝しています。
どんな人なのか情報は全くわかりませんが、今は遠い別世界におられるかもしれません。
人助けをされた勇気に頭が下がります。本当に有難うございました。
 

最近感動した言葉は台湾のIT大臣が好きなレナード、コーエンの詩「全てのものにはヒビがある。そしてそこから光が入る」です。


次は北九州支店のミワさんにお願いします。

pagetop