1. TOP
  2. INFOMATION(お知らせ/新着情報)
  3. 人生変わったかも~

INFOMATION(お知らせ/新着情報)

人生変わったかも~

人生変わったかも~イメージ BLOG2021/08/10

どうも、洗濯が大嫌いな
IT事業グループの齋藤です。

梅雨が明けて暑くなり、洗濯日和が続いておりますが、
今年の梅雨に事件はおこりました。
気づいてしまったんです、自分は洗濯が大嫌いな事に・・・

縦型洗濯機(7kgの割といいやつ)を使用し、
週末になったら洗濯を回す生活をして8年。
雨でも洗濯できるように、部屋干し用の物干しと除湿器も揃えてあります。

元々洗濯自体は嫌いではなかったのですが、
天候、気温等に左右される性質上、自分のタイミングで洗濯する事が難しい事。
純粋に干すのが面倒で、冬場に洗濯物が冷たくて、指がちぎれそうな事には薄々勘づいていました。
そして最大の問題は、洗濯物を溜めておけば洗濯してくれれる神がかった人がいない事。
そう、独り暮らしであること・・・

そして、悪天候(曇りを含む)が3週間程続いた7月末頃事件は起きました。
私の心も悪天候だったのでしょう、ボソッと呟いてしまったのです。「あ~二度と洗濯とかしたくねぇわ、乾く気がせん」
そして私はスマホの画面が耐えきれるギリギリの速度で調べました、二度と洗濯をしなくて良い方法を!
しかし驚愕の事実、洗濯をしない方法は無かったのです(新品を買い続けるを除く)。

調べに調べた結果、ドラム式洗濯機買ったら人生変わった。
などと過剰に表現されているのではないかと思うような記事が散見されました。
それからドラム式洗濯機について詳しく調べ、そして気が付いたら家電量販店にいました。
きっと私も人生を変えたかったのでしょう。

店員さんにお付き合い頂き、30程度で機種の選定。
その後、見積と大格闘し、20万円overのドラム式洗濯機を購入。
納品は最速を希望し、2日後の土曜日に決定。
その日のうちに我が家の縦型洗濯機は、友人宅に搬送されて行きました。(今までありがとう)

そして運命の土曜日、搬入業者の方から朝8時に入電。
確か搬入前に時間教えてくれるんだよな~、なんて思いながら電話を取ると、
まさかの開口一番「今日大雨なので到着出来ない恐れがある為、スケジュール変更をお願いします」と告げられ、大パニック。
周りを見渡し、積まれた洗濯物、空いた洗濯機スペースを確認。
詰んだ・・・

しばらく硬直していると、業者さんより「今日じゃないとまずいですか?」と、助け舟とも死の宣告とも取れるような問い。
私は正直に答えました、「洗濯機がなくて、洗濯機が来てくれないと洗濯ができません」。
しばらくお互いに沈黙し、業者さんが「時間は全くよめないですが大丈夫ですか?」と聞かれ、「はい!」と即答。

14時頃に業者さんが到着し、運良く雨は上がっていたので早速作業開始。
トラックから出てきた洗濯機を見て、でけ~、っと思っていると2人の作業員さんがいるにも関わらず、
1人が洗濯機を背負い歩き出しました。
まるで生まれたての小鹿のように足はプルプルと震え、今にも潰れてしまいそうです。
あれでスクワットしたらききそうだな~、と思っていると何とか玄関まで到着。
後で調べたら重量が80kg以上あるそうです、本当にご苦労様でした。

そして搬入がさっくり終わり、
業者さんお2人にお疲れ様の飲み物をお渡しした後、運命の試運転・・・

まずは洗剤自動投入用の入れ物に、洗剤と柔軟剤を投入。
あとは洗濯物を放り込み、電源をオン。
なんと、喋る・・・
洗濯機が喋る、「どんな時代だよ!」と突っ込みを入れて、洗濯~乾燥までを選択し洗濯開始。
表示された時間は3時間・・・
そんなにかかるの???と思いつつ、放置し運命の3時間後(正確には2時間半程度)。

開けた瞬間、洗濯機から出てくる熱風!
仕上がったタオルに触れて思わず、「なんじゃこりゃぁぁぁぁ~!!!」と叫び、猛烈に頬ずり。(ふわふわで衝撃)
あ、このタオルはもう一回洗濯しました。

そんなこんなで、家にドラム式洗濯機が来てくれたおかげで、
洗濯ものを干すこともなく、出来上がったものをたたむだけ。
今では天気も気にならなくなりました。(むしろ雨の日は優越感まである)

本当に人生変わったと思えるほどの衝撃でした。
今でもよく喋る相棒とうまくやってます。
これからもよろしく相棒!

※この記事はドラム式洗濯機の購入で、人生が変わる事を保証する物ではありません。
本気で人生を変えたい人は、自分の力で人生を変えて下さい。(日々精進です)

次回ブログは、本社設計のサトウさん宜しくお願いします。

pagetop